Jun Nakayama's FIERCE!!NEW YORK SCENE!(tokyo編)

米国セレブ御用達アロマテラピストの海外ファッション&セレブ活動情報。 FIERCEってNYのイケてるシーンではほめ言葉。 以前のブログ 中山潤のNYナイトライフ http://www.jinaonline.org/jun/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYほろりとくる・ちょっとイイ話。その3

今回は最近起こったシンクロニシティーでほろリときたお話。
シンクロニシティーとは「意味ある偶然の一致」のこと。
NYに来てからこのようなことがさらに頻繁に起こるようになったのよね。
今回は前回のつづき!
NYでであったおばあちゃん・・・・実は・・・・!!

c_01.gif
人気blogランキングへ


c_01.gif
「人気FCブログランキングへ」
クリックしてね!

おばあちゃんの話はとても興味深く、熱心に聞き入っていた。

おばあちゃんはここNYに住むことを決めてから、それはそれは頑張った。
自分の夢のために。

最初はベビーシッターをしながらお金持ちの家に住み込みながら働いた。

やりたいことをするために。
大好きなことをするために。
その大好きなこととはファッション業界で働くこと。

名のある会社に入ってデザインやパターンをずーッとやってきたそうな。
器用でセンスのあるおばあちゃんはいろいろな会社から引抜があったりしたそうだ。

デザインセンスが磨かれたのはずーっと習っていた生け花のおかげだそうだ。

仕事は大好きでほかの人が5時にあがってもおばあちゃんは遅くまでのこって残業し、6日徹夜でやり遂げてしまうくらい、大好きなことだったのだ。

そんな仕事に人生をかけたおばあちゃん。

いろいろプロポーズされたりしたけれど、自分の好きなことをすることを優先するのに断ったりもしたそうで、
「私はシングルでも後悔してませんよ」
とおっしゃった。

仕事で忙しいので、あんまりお金を使う暇がなかったそうで、お金が自然にたまってしまったんだって。

おばあちゃんがポロリと私に言ってしまったことは・・・・

「私実はこんなこと人に言ったことないんだけど・・・・

ミリオンもってるんです・・・・・・・・・


私「ダメですよ~、そんなことをあんまり人にいっては・・」

おばあちゃん
「いつもは言わないんだけれど、あなただから・・・
私が言いたかったのは、私ができたんだから、あなたにもできるわよってことがいいたかったの。あなたも一人で頑張ってるみたいから。」


なんだかね、これを聞いておばあちゃんの手をぎゅっと握り締めたくなったよ。

うるってきたね。

ほら、なんかこうゆうの聞くと元気が出るというか勇気がわくというか。

現在わたしの知ってるミリオンもってそうな友達は、みんなご主人の力とか元から金持ちで親の力とかで、自分で稼いだわけじゃないからねえ。

もちろん中にはこれからミリオン自分で稼ぎそうな友達もいるけど、まだ財産としてミリオン持っているわけじゃない。

おばあちゃんは私のベストキッドの「ミヤギさん」みたいな師匠・つまりメンターみたいな存在だ。

おばあちゃんの生真面目さや頑張り、夢をあきらめないことや誠実さ、ほかにもいろいろ見習うことがある。

昔の人ってすごいなあ。

こうゆう人がNYにいたんだと思うと、ほんとうに嬉しいし、こんなおばあちゃんが私にわざわざ会いに来てくれたっていうことが幸せだとおもった。

このおばあちゃんがきっかけで、私の中の何かが少し変わろうとしている。

終わり

(たぶんコンティニューするよ)

これからは「NY成功おばあちゃんの教え」っていう題名で書くよ!



スポンサーサイト

NYほろりとくる・ちょっとイイ話。その2

今回は最近起こったシンクロニシティーでほろリときたお話。
シンクロニシティーとは「意味ある偶然の一致」のこと。
NYに来てからこのようなことがさらに頻繁に起こるようになったのよね。
今回は前回のつづき!

c_01.gif
人気blogランキングへ


c_01.gif
「人気FCブログランキングへ」
クリックしてね!

運が良くなってくるとシンクロニシティ(素敵な偶然)がひんぱんに起きるようになるそう。

シンクロニシティとは意味ある偶然の一致のことで
心理学者のカール・ユングが作り出した言葉。


シンクロ(共時性)とは 意味はあっても因果的には説明することの出来ない二つの出来事が同時に起こる現象。

それほど重要な意味が隠されていないような偶然の一致から、

自分が心の中で考えていたことの答えがグッドタイミングでやって来るような場合までいろいろな種類と段階があるそう。

よくあるシンクロとして

友人のことを急に思い出して電話をしょうと思ったら、むこうからかかってきたり

何気なくTVを見たら、タイミングよく友達が出演してたり

○○ちゃんどうしているかな~と思ったら確立的にいってもありえない場所で偶然バッタリ出逢ったりする などなど・・・

きっとそんな経験みんなも一度くらいはあるでしょ?


おばあちゃんとの出会いにはシンクロがたくさんあったの。

まず、彼女のバックグラウンド。

おばあちゃんは神戸生まれで、私のおば嫁ぎ先の呉服屋を知っていた。
しかも2人のいとこが行っていた同じ大学を卒業していた。

おばあちゃんの時代、女性で大学を卒業する人って、なかなかいなかったと思うし。
ましてや海外に行く人なんて。
1ドルが360円時代。
1964年は500ドルしかアメリカに持ってこれなかったんだって。

なんだかこの辺聞いてちょっと鳥肌がたったのよね~。
きたきた~!ビンゴ!ってかんじで。

おばあちゃんの少しばかり神戸なまりの丁寧な日本語を聞いていると、自分の神戸のおばさんをおもいだしちゃった。
きっとこのおばあちゃんと同じくらいの年だと思う。

目頭が熱くなる。

60年代や70年代のころのNYの話を聞いたりしてたら、その様子が目に浮かんできて。

このおばあちゃん、生き証人だ!って思ったら、本当に尊敬しちゃってね・・・。

ますます、いろんな話を知りたくなったの。


それでね、おばあちゃんの話をずっと熱心にきいていたら・・・

おばあちゃんは実は・・・!

続く

(まだまだ引っ張ります。)



NYほろりとくる・ちょっとイイ話。その1

今回は最近起こったシンクロニシティーでほろリときたお話。
シンクロニシティーとは「意味ある偶然の一致」のこと。
NYに来てからこのようなことがさらに頻繁に起こるようになったのよね。

c_01.gif
人気blogランキングへ


c_01.gif
「人気FCブログランキングへ」
クリックしてね!

今、私はNYジャピオンという日系のフリーペーパーに毎週、アロマセラピーのコラムを書いているのだが、ある日、編集長からメールが届いた。

”・・・・・そういえば、最近読者のおばあちゃんから、中山さんのコラムのファンで、アロマオイルを買いたいのだけれどもどこで買えますかというお問合せがありました。
ホールフーズなどはどうですか、とお伝えしつつ、中山さんにご連絡するのが一番ですよ、とお伝えしました。やはりアロマはおばあちゃんたちの心もぐっと掴むものなのですねー。うれしいですね、こういう反応が読者からあると。・・・・・”

うれしいねえ・・

今はなきOCSニュース(2002、3年当時NY在住の日本人の主な情報源だったNYの有料新聞)から転々と媒体を変えながら、ずっとアロマのコラムを書いるけれど、やっぱり「継続は力なり」なんですねえ。

このお話を聞いて、私もとても嬉しくなりました。

アロマセラピーがNYにお住まいの日本人のおばあちゃんの心までもつかんでいること!

私が英国から10年以上一生懸命とり組んできたこのアロマセラピーがちょっとづつ日のめが出てきたかなと思える今日この頃。

それから数週間が過ぎ・・・・

つい最近企画したアロマの1日講座にどうやらこの方だと思われるおばあちゃんがいらっしゃったのでした。

お電話でお問い合わせがあってちょっとお話したんだけれど、72歳とは思えない・・声に張りはあるし、しっかりしてらっしゃる。

ご本人にお会いしてもびっくりした。
髪はふさふさだし、お肌もきれいだし、足腰もしっかりしていて、しかも達筆でその様子は60前後といってもいいくらいだ。

アンチエイジングに興味のある私は彼女に食生活を聞いてみたところ、やはり「日本食」で玄米菜食だそうで。

そのおばあちゃんがNYにきたのは1964年のことであった。
私の生まれるだいぶ前である!
ちょうどNYの1964年ニューヨーク世界博覧会(New York World's Fair)
が開かれた年である。
 1964年4月22日~10月18日と1965年4月21日~10月17日の2期に渡ってニューヨークで開催され、ニューヨークが英国の植民地になって300年と国連本部創設15周年を記念したもの。BIEの承認を得られなかったため、国際博覧会として認められていない。入場者は第1期が2715万人、第2期が2446万人。運命のこの年お花かお茶の日本文化を紹介するのに、優秀だったおばあちゃんは政府関係で渡米した。

それから、NYが好きになって、とうとうこの土地に住むって決めたのだ。
おばあちゃんが30歳のときである。

やっぱりNYは30歳がスタートなんだね。

私もそうだから。
(まずそこが同じ)

さて、それからもっと驚くべき私とおばあちゃんシンクロニシティーがわかるのだった・・

続く・









プロフィール

JUN NAKAYAMA

Author:JUN NAKAYAMA


無料レンタル






NY在住セレブご用達アロマセラピストです。
スター・エステティシャンとNYタイムアウト誌で呼ばれた実力派。雑誌や新聞にコラムも書いてます。
またアメリカのTV(セックスアンドザシティー等)や雑誌でプラスサイズモデルとしても活躍しています。
DAVID LACHAPELE やBOY GEORGE、JACK PIERSONのモデルになりました。STEVEN KLEINからもオファーがあるくらいNYのファッション・アート・クラブシーンでは有名人です。


日本・海外の雑誌・TV・その他ご希望に応じて対応しています。海外セレブやモデル・有名人とのパーティーやイベント・取材のコーディネートいたします。ぜひご相談下さい。
マスコミ取材や仕事依頼のお問い合わせはココをクリック!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

BOY GEORGEプロデュース

BOY GEORGEが作ってくれた曲がはいってるCDです。 日本でも販売されました! Twisted Disco 02.05 日本国内用

アメリカ国内用
イギリス国内用

フェイスブックファンページ

この人とブロともになる

ツイッター

powered by
3ET

月の開運法

月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。