Jun Nakayama's FIERCE!!NEW YORK SCENE!(tokyo編)

米国セレブ御用達アロマテラピストの海外ファッション&セレブ活動情報。 FIERCEってNYのイケてるシーンではほめ言葉。 以前のブログ 中山潤のNYナイトライフ http://www.jinaonline.org/jun/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYファッションウィークはフィアース!

←ココをぽちっとおしたらいいことあるかも!?新しいランキングに参加してるのでどうぞご協力おねがいしまーす!!

まずは明日のパーティー告知です。リッチーリッチも特別出演らしいです!
FLYERFEBMEL_convert_20090224152235.jpg

ファッションウィークは13日くらいから始まったけど、今年は景気のわるさもあり、去年よりもショーをするデザイナーがへっちゃったけど、私は大盛り上がりでした。

まず、15日の早朝8時。
携帯がなり、目覚める。
だれだようーーー!って着信たしかめると。。。メイクのシャーロンだった。
LAからセレブ専属メイクさんとしてのNY入りだった。

そして、また無茶なお願いをされる。
「JUN、今日ハリウッドから私のお客さんと一緒に付いたんだけど、アロマセラピートリートメントにきてくれない??仮装で!

朝から仮装かよ!って。

仕方ないけど、早朝から、仮装でWホテルに出勤。
そして、ジェットラグでお疲れのお客様を癒しもてなす・・・・・
n667905905_1898352_6060.jpg

彼女はセレブ犬とともにファーストクラスでNY入り。犬もファーストクラスだったそうで。
n667905905_1898350_5569.jpg

withsharonfeb15 008
withsharonfeb15 015

朝っぱらから一日まる仮装で、もうへとへとだったんだけど、忙しいんで行くつもりは全くなかったパットの誕生日パーティーも連れて行かれ・・・・
withsharonfeb15 018
n667905905_1896327_4985.jpg
ファリーンのマリちゃんもいたよ。
n667905905_1896328_5248.jpg

ハリウッドのセレブさんは歌姫SASHA CAMPBELLさんでした。
彼女すばらしいお声の持ち主、そして心もとってもすばらしい人。
ココロが洗われていくような、全身が癒される本当に素敵な歌声です。
聞いてみてください!

そのあと、ケニーケニーと一緒に毎週日曜のパーティー、VANDAMにゆく。
withsharonfeb15 021
そこでは、アゲなことが!
パフェィディアのドラアグショーが!!
何年ぶりだろう!パフェの晴れ姿をみるのは!!!
日本での思い出がよみがえる。
初めて会ったのはこのドラアグのパフェちゃんだよね。
withsharonfeb15 024
withsharonfeb15 034
オーストリアからきていたライフボールの主催者GERYもパフィのショーを満喫。
ダニーロもうれしそう。
withsharonfeb15 041
まり姫も1年半ぶりのNYのナイトクラブシーンを楽しんだ。
withsharonfeb15 050
ロンドンからはジョディーハーシュもきていた。彼素のほうがかわいいの。きゃ。
withsharonfeb15 072
この日は、ほんとにへとへと・・・・・でオウチにかえりました。
withsharonfeb15 077
朝から仮装はキツイっす!!(しかも、顧客がいる間はずっとズらをとることも許されず・・・)

そして、次の日・・・・・ジョディーがスペシャル・ペディキュアにやってくる。
実は私はペディキュアを特別な人にしかやりません。選ばれた人のみなんです。

ジョディーと話してると、イギリスのこと思い出してほっとする。
イギリス留学時代の思い出やイギリスの時の友達。
ボーイジョージとかクリスティンとか・・・・
みんなの優しさ思い出して、癒される。

ふと、思ってしまった。

ここで絶対成功して、私は絶対にイギリス・ロンドンに帰って幸せに暮らすって、イメージがよぎっちゃった。

絶対に負けない。NYでどんなに酷い目にあっても絶対負けるもんかって思った。やっぱりココはアジア人差別が酷いし、人がキツイ。
ロンドンでは面と向かって差別用語をいわれることはない。
差別用語とか叫ぶのは階級が低いゲットーだけだったとおもう。
イギリスにいたときはそんなワーキングクラスの人たちとかかわった事なかったので、あからさまに嫌な目にはあわなかった。
でもNYはトンでもない。
本当にイヤになることがあるし、数々の困難にあい、どこか遠くへ逃げ出したくなることもある。
でも、その壁を乗り越えて、がんばろうと思った。

ジョディー・・ロンドンで私のこと待っててよ!って思った。そしたら一緒にロンドンでクリエイトなことしたい。

そして18日、Richie Richのショーが The Waldorf Astoriaホテルの3階、ボールルームで開かれた。

今回担当したPRがいい加減なので、きちんと撮影できなさそうだったので、MELと待ち合わせしてTVのリポートとインタビューが出来るように早めに集合した。

さすがこの立派なホテル!!すてきすてき!
場所はクラッシックコンサートをやりそうなかんじ。
withsharonfeb15 021
バルコニー席もある
withsharonfeb15 022

ひえーーっ、ここでランウェイか!

ちょっとどきどき。

そして、奥のバックルームにゆく。

戦場のようかと思いきや、結構落ち着いてる。
withsharonfeb15 009

withsharonfeb15 006

さっさとスタイリストさんの集まる衣装ルームにいき、「これ、私の衣装」って指差してとっとと着替える。

バックステージの様子。


ヘアスタイリストのチャーリーもいたし、
withsharonfeb15 002
日曜日にあったヘアスタイリストのパトリシアもいた。
withsharonfeb15 001
何人かのメイクさんは知り合いだったし・・・

わきあいあいだったけど・・・

えっとーー、私、ほんとにランウェイするんですか?

って頭よぎったのよね。

だって、誰も指示してくれないし。

リッチーはプレスで忙しくて話する暇もないし。

化粧のアタッチとかいろいろしてて待ち時間も長くて、カクテル1杯とエナジードリンク3本ものんじゃった。

そしたら心臓がばくばくいいはじめた。

「誰に聞いたらいいのかわんないよ」っていったら、「クリップボードに聞け」ってエリックがいった。
withsharonfeb15 004

クリップボードのひとに聞いたら、「え?あなたの名前ないわよ?」。

どうゆうこと?

とにかくクリップボードを持つ人に聞きまくると・・・・・

「あ、あなたはMCででるんだよ。」

え??MCって司会??リハーサルやってないよ!?なにしゃべればいいの?ショーの前座もなんだか知らないっていうのに。

かなり混乱していると・・・・・

若いアシスタントの子に手を引っ張られ、舞台の袖につれられていく。緊張のせいかアシスタントの子の手が冷たく震えていた・・・・・・。
「私、舞台で何やるのかわかんないんだけど・・・・」

舞台の袖にいくと、イギリス訛りの男の子がいた。

「この子と一緒に出るんだよ。」

それでわかった。

私は彼と腕を組んで一緒にパートナーみたいなかたちで舞台に出るのだ。

それを伝えられたのはショー開始10分前。

イギリス人の男の子が司会で、私はその相手役。
 
せりふは彼が機転をきかせて即興でつくった。

n665261324_1488511_193.jpg

「ジーザズ ラヴズ ユー ロングタイム」

これが私のせりふ。思い切りセクシーに言った。

観客席からどっと笑いが!どうやらうけたらしい。
n665261324_1487062_9581.jpg

うーんなんだか結構はまりそう・このアテンション!!
みんなを笑わすのって面白い!しかもこの大観衆のまえで!
コメディアンになったらいいかな?

ショーの前の前座は3組くらいのパフォーマンスが。


http://www.youtube.com/watch?v=Gs2qdlwlLIU

84927492.jpg

84927464.jpg

ショーの様子




今回のトリはパメラ・アンダーソンでした!!!

パトリックマクミュラン、ゲティイメージのほかファッショニスタっていうブログにも掲載されてます。
http://fashionista.com/2009/02/jeremy_kost_at_richie_rich.php?img=8

マリリンやマリ姫もショーを見に来ていて、再開!

そして、アフターパーティーはケイン・・・・
withsharonfeb15 018
パメラもきていました。
withsharonfeb15 025

withsharonfeb15 029

今回のショーはPR会社がちょっと問題あり(というかいつもリッチーのファッションショーはこんなかんじか!)
なじみのゲストが杜撰に扱われ、ご立腹のご様子。
やはり、PR会社だったら一人くらいはNYシーンのことがわかっている人がいないと、だめですねえ。
そんなこともあり、いつもフリークゲストが満載なショーがほとんど、お金持ちのコンサバな人たちでした。
ビジネスには投資家やお金持ちは必要かもしれない。それが多すぎても面白みに欠ける。

何事もバランスですよね。バランス。

・・後日の写真を見てかーっと怒ってた方がおりました・・・・・
なんでこいつがフロントローなんだってね。

確かに、ここのサイレンっていうPR会社やばいです。2005年のボーイジョージのライン、B RUDEでもPRしてたんだけど、あんまり良くないとおもった。なぜならそこの老いぼれ社長がシェイディーだから。
私は聞き逃さなかったよ。この爺さんのシェイディーさを!!!!
やっぱり人のことを影でこそこそいう奴にはろくな人間はいないってことですな。
次回はちがうPR会社と契約してほしいものです。


後日談

あの私のパートナーだったイギリス人の男の子。
実はストレートの男子!!しかも良いところのお坊ちゃんだそうで。
頭もよさそうで、品がある。
ゲイやフリークにもオープンだし。
こんな素敵人間のいるイギリス。
はああ!イギリス移住への夢がひろがりますぅー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

  • URL:
  • コメント:
  • パスワード:
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

トラックバックURL:http://nyaroma.blog73.fc2.com/tb.php/158-101c32d0

プロフィール

JUN NAKAYAMA

Author:JUN NAKAYAMA


無料レンタル






NY在住セレブご用達アロマセラピストです。
スター・エステティシャンとNYタイムアウト誌で呼ばれた実力派。雑誌や新聞にコラムも書いてます。
またアメリカのTV(セックスアンドザシティー等)や雑誌でプラスサイズモデルとしても活躍しています。
DAVID LACHAPELE やBOY GEORGE、JACK PIERSONのモデルになりました。STEVEN KLEINからもオファーがあるくらいNYのファッション・アート・クラブシーンでは有名人です。


日本・海外の雑誌・TV・その他ご希望に応じて対応しています。海外セレブやモデル・有名人とのパーティーやイベント・取材のコーディネートいたします。ぜひご相談下さい。
マスコミ取材や仕事依頼のお問い合わせはココをクリック!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

BOY GEORGEプロデュース

BOY GEORGEが作ってくれた曲がはいってるCDです。 日本でも販売されました! Twisted Disco 02.05 日本国内用

アメリカ国内用
イギリス国内用

フェイスブックファンページ

この人とブロともになる

ツイッター

powered by
3ET

月の開運法

月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。